【戦略的な就活】ニッチを狙って「差別化」する4つの方法

企業・業界研究
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は「内定の確率を上げるための戦略」
について知りたい人向けの記事です。

どうしても行きたい会社があったり
あまり就職活動に自信がなかったり
そういう人もたくさんいると思います。

個人的には自己分析をしまくって
自分にあった会社に正面から立ち向かう方法が
一番いいと思うんですが…。

その方法が合わない人も多いでしょう。

というわけで今回は内定率を上げるために
あえて「ニッチを狙う戦略」について
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

戦略的な就活:ニッチを狙って「差別化」

狙うべき「ニッチ」は以下の通り。

  • ニッチな経験
  • ニッチな企業
  • ニッチな業界
  • ニッチな職種

よく「売り手市場」と言われますが
大手企業に限っては全くそうではありません。

中小企業は人材不足で困っていますが
リクルートワークスの調査によると
大企業の有効求人倍率は0.42倍(2020卒)

これは1人に対して求人の枠が0.42個しかない
ということを表しています。

1人で何個も内定していく学生もいるので
実際はもっと枠は少ないでしょう。

大企業に限ってはいまだに「買い手市場」
と言える状況です。

四季報に倍率を載せている会社もあるので
持っている人は確認して見てください。

そんな中で内定を獲得するためには
適当に就活するのではなく
戦略を持った行動をしていく必要があります。

自分に自信がある人や
他の学生に負ける気がしないという学生は
真正面から戦っていけばいいでしょう。

しかし、普通にやったら負けてしまう
学生時代に何もしてこなかった
という学生は作戦を立てるべきです。

他学生と「差別化」をして
違うフィールドで戦うことで勝率を上げましょう。

「この学生はまわりの学生とちょっと違うな」
と思ってもらえれば、人事の印象に残り
内定の確率も上がっていきます。

ということで「ニッチな差別化」を
紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

戦略的就活①「ニッチな経験で差別化」

まずは「ニッチな経験」です。
就活では「学生時代に頑張ったこと」を
聞かれることが多いと思います。

ここで多いのが「サークル」や「アルバイト」
の話をする学生です。人事としては
そんな話はもう聞き飽きています。

そのためここでちょっと変わった
エピソードを入れると印象に残ります。

そんな大それたことじゃなくても大丈夫。

  • ソシャゲーをめちゃくちゃ頑張った
  • 全国の山を登りまくった
  • 日本中の魚を食べ尽くした

みたいなちょっと変なエピソード
こういうのがあると面白い学生が来たな
と注目してもらえます。

注目を得た後、しっかり受け答えをすれば
実力のある面白い学生として
内定に近づくことができます。

戦略的就活②「ニッチな企業で差別化」

続いて「ニッチな企業」です。
ニッチな企業ってなんだよって
思うかもしれませんが基本はBtoBの企業です。

就職活動ではどうしても
CMなどでよく見るBtoC企業に
人気が集まりがちです。

ですが有名な会社だから
全ての面において優れている
というわけではありません。

その会社に入ったら
自慢はしやすいかもしれませんが。笑

BtoB企業にも優良な会社は
たくさんあります。

BtoB企業とBtoC企業の特徴を理解して
戦略的に受ける会社を選んでいきましょう。

戦略的就活③「ニッチな業界で差別化」

続いて「ニッチな業界」です。
これに関しては業界の選び方を少し変える
という意味で言っています。

例えば「自動車に興味がある」から
自動車メーカーに行こう、という人がいるとします。

しかし、自動車業界への関わり方は
非常に多岐にわたっています。

  • 銀行に行き自動車会社に融資する
  • 商社に行き電気自動車の会社に出資する
  • 自動車の部品メーカーに行く など

自動車が好きだからと言って
自動車好きが確実に集まる会社を受ける
必要はありません。

僕はやりたいことは決まっていましたが
受けた会社の業界はかなり様々でした。

少し考え方を変えてみて
違った方向から業界をみてみると
新しい会社が浮かび上がってくるかも。

戦略的就活④「ニッチな職種で差別化」

最後は「ニッチな職種」です。

就活生には営業やマーケティングが人気ですが
わざと希望の職種をニッチなものにする
という「差別化」の方法もあります。

ニッチな職種は以下の通りです。

  • 人事
  • 法務
  • 経理
  • 生産技術
  • 理系からの文系就職

上記の仕事を是が非でもやりたい。
って人はあんまりいないですよね。
もちろんいるとは思いますが数は少ないはず。

こういった職種を狙うことで
内定率をあげることもできます。
詳しくは以下の記事で詳しく解説しています!

戦略とか立てたくない!という人は

就職活動は嘘を上手くつければ無双できます。
会社に合った嘘をついていければ
多くの会社の選考を突破できるというのが事実。

程度に差はあれど
嘘をついている人はたくさんいます。

ただ、嘘をつきたくないという人もいるはず。
正直な自分で勝負したい、という人。

そういった人は
自己分析をめちゃくちゃしましょう。

面接でいかに論理的で説得力のある
受け答えをするかが鍵です。
そのために自己分析は欠かせません。

以下の記事を読んで
自己分析をまず本気でやってください。
そうすれば納得のいく就活ができるはずです。

まとめ:戦略的な就活で内定確率アップ

戦略を持って就活をした方が
もちろん選考通過の確率は上がります。

ですが、戦略の中に嘘が混ざってしまう
ということもあるでしょう。

それが嫌だという人もいると思います。
僕も基本的には嘘はつかずに就活しました。

その辺りは自分と相談して決めてください
とにかく、自分が納得できるように
就活を進めるのが一番です。

頑張ってください。では、また。

体験談や経験談で稼ごう

せっかく大変な就活を頑張ったなら
辛い経験をしてきたのなら
それを利用して稼ぐのをオススメします。

インターンの経験談で稼いだり
通過ESで稼いだり、就活ネタを書いて稼いだり
合わせれば結構稼げます。

僕は体験記だけで10万円近く稼げました。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従