就活における就職四季報の効果的な使い方とは?

企業・業界研究
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は「就職四季報の有効な使い方」を
知りたい人向けの記事です。

巷には様々な就活本が販売されていますが
その中でも「就職四季報」はかなり有名です。

知らない人はぜひこの記事を読んでみてください。

では「就職四季報」の効果的な使い方を
詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

就職四季報とは?

就職四季報とは簡単にいうと
「企業の様々な情報をまとめた本」です。

5,000を超える企業の情報が掲載されています。
載っている情報はこんな感じ。

  • 企業概要
  • 選考情報
  • 男女別・大学別採用人数
  • 新入社員の配属先、勤務地
  • 月の残業時間
  • 3年後離職率
  • 有給取得年平均
  • 平均年収
  • 求める人材

このように企業の情報が満載です。
離職率や年収なども記載されています。
また次のようなランキングもあります。

  • 新卒定着率ベスト100
  • 平均勤続年数ベスト100
  • 平均年収ベスト100

四季報の良いところは
「情報が必要最低限」で「まとまっている」点。

HPでも調べられますが
時間がかかりますし無駄な情報も多い…。

結局時間や手間を考えると
「就職四季報」が一番楽。
ということで長年使われています。

スポンサーリンク

就職四季報の使い方①「企業探し」

就職四季報を使えばこんなことを
簡単に調べることができます。

  • 世の中にはどんな業界があるのか?
  • そしてどんな企業があるのか?

業界別にページが分かれているので
それに従って企業を見ていくだけ。

非常にオーソドックスですが
世の中には非常に多くの企業があります。

これをやっておくだけで
世の中の優良企業を見逃さずに済みます。

まずは全体的にサーっと
目を通しておきましょう。

「なにこの年収高い企業!」とか
「めっちゃホワイトな企業ある!」
といった新しい発見もあると思います。

就活四季報の使い方②「企業選び(絞り込み)」

続いて企業選び(絞り込み)です。
具体的な絞り方の例はこちら。

  • 受かりそうな企業に絞る
  • ホワイト企業に絞る
  • 年収○○○円以上に絞る

受かりそうな企業に絞る

まずはこれです。

「なにも考えずに有名メーカーばかり出す」
そして内々定ならぬ無い内定で就活を終える。
残念ながら毎年こういう学生は一定数います。

そうならないためにも
自分が受かりやすそうな企業を
見つけておくことが大切。

この時には以下の項目を見ましょう。
・採用人数
・倍率
・採用実績(学歴など)

まず「採用人数」と「倍率」です。
採用人数が多い方が受かりやすいですし
倍率が低い方が受かりやすいです。

また「採用実績(学歴など)」も重要。
断言します。学歴フィルターはあります。

もちろん全ての企業で影響するわけでは無いですが
一定の学歴が求められているのは間違いありません。

それは有名企業の採用実績を見れば分かります。
高学歴の実績が並んでいます。

正直いいことだとは思いませんし
必ず落ちるとは限りませんが
リスクヘッジは大切です。

企業ごとの傾向を見極めて
自分ならどの辺りの企業を受けるべきか見ておくと
無い内定になることは無いでしょう。

ホワイト企業に絞る

最近はワークライフバランスが重視されており
ホワイト企業を探して就活する人も多いです。
ではどうやってホワイト企業を探せばいいのか。

就活四季報を使いましょう。
見るべき項目は以下の通り。

・残業時間
・離職率
・有給消化率
・平均年収

ホワイト企業にも色々あると思うので
これが重要!と一概には言えませんが
この辺りを見ておけば間違い無いと思います。

「居心地がいい職場」「働きやすい職場」というのは

・残業時間が低い
・離職率も低い
・有休消化率は高い
・平均年収は高い

こういった部分のバランスを見れば
自分にあったホワイト企業が見つかると思います。

年収○○○円以上に絞る

働く上で大切なのはやっぱり「お金」
自分の市場価値が決まるのと同等ですから
高い方がいいですよね。

というわけで平均年収の基準を決めて
「○○円より低いところは受けない」
といった絞り込みもできます。

これは僕が実際にやっていたことです。
お金が全てではありませんが
お金が無いと生活ができないのは事実です。

最低限のラインを作っておけば
企業選びもスムーズになってきます。

四季報を使う際に注意した方がいい情報

就活四季報を使う際
注意すべき情報が2つあります。

  • 残業時間
  • 平均年収

まずは「残業時間」です。
残業時間は部署によって大きく異なります。

配属される部署によっては
こんなはずじゃなかった、ということも。
まぁでも少ないに越したことはないですね。笑

続いて「平均年収」です。
次の画像をみてください。

年収の欄に「総」と書かれているものがあると思います。
これは「総合職平均」という意味です。

ここには「一般職」や「工場などの現場で働く人」は
含まれていません。

そのため、これがあるかないか
自分が「総合職」か「一般職」かによって
実際にもらえる給料は大きく変わってきます。
しっかりチェックしておきましょう。

年収に関する詳しい話はこちらの記事をどうぞ。

就活四季報が使えない業界もある?

就活四季報は実は万能ではありません。
一部の企業は年収や離職率などを明らかにしてません。

そういった企業の情報は実際にOB訪問をしたり
インターンに参加したりして聞くしかありません。

また、外資系企業やベンチャー企業については
ほぼ掲載されていません。

掲載されているのは基本的に日系の企業なので
外資系企業は掲載されていないことがほとんど。

また、出来立てのベンチャー企業など
多くの情報を公式に公開していない企業も
情報は載っていません。

この部分は理解した上で利用していく必要があります。

「外資系企業しか受けない」
「ベンチャー企業しか受けない」
って人には四季報は必要ないかもしれませんね。

逆に日系企業に少しでも興味があるなら
買っておいて損はありません。

ブンナビ」という就活サービスのイベントで
もらえるのでそこでもらってもいいと思います。
今すぐ欲しい人はこちらからどうぞ。

まとめ:就職四季報をうまく使おう

就職四季報には様々な情報が一冊に集約されています。
HPだけで情報を探すのは大変ですし
新しい企業を発見することができません。

・企業探し
・企業選び(絞り込み)

のために有効活用して
就活を有利に進めていきましょう。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従