総合職でも転勤の少ない企業・職種とは?

企業・業界研究
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は「転勤の少ない会社に就職したい人」
向けの記事です。

自分の将来を考えたときに
転勤が少ない方が幸せに暮らせるなー
と思っている人はいませんか?

若いうちはいいけど家族ができたら
転勤したくないなーという人は
結構いると思います。

というわけで「転勤の少ない企業・職種」
について解説していきます。

スポンサーリンク

総合職でも転勤の少ない「企業」

転勤の少ない企業・業界の特徴は以下の通り。

  • 顧客のエリアが限定されている
  • インフラ系(鉄道、ガス、電気など)
  • ベンチャー企業
  • ジョブローテーションが少ない会社

まずは「顧客のエリアが限定されている企業」

簡単にいうと、全国展開などをしておらず
取引先の企業が同じエリアに密集している
企業のことです。

逆に全国展開している大手企業はもちろん
転勤が多くなりがちです。

続いて「インフラ系の会社」です。
インフラ会社の顧客は全国にいるのですが
会社ごとにエリアが大体決まっています。

中部電力や東北電力のように
名前を見れば担当する地区がわかるはずです。

ただ、電力自由化やガス自由化によって
その境目はなくなってきています。

海外で事業をしているインフラ会社も
たくさんあるので、勤務地の境目も
なくなっていくことが考えられます。

続いて「ベンチャー企業」です。

ベンチャー企業はまだ規模が小さいため
顧客の数やエリアが限定的です。

そのため転勤は少ない会社が多いです。

特にIT系企業はリモートワークできるところも多く
居住地に縛られない働き方ができる可能性も

最後に「ジョブローテが少ない会社」です。
ジョブローテーションが多いということは
色々な職種を経験するということ。

ということは顧客も変わりやすく
勤務地も色々と変わる可能性が…。

転勤の少ない職種に就けても
ジョブローテが多かったら
あまり意味がないので注意です。

スポンサーリンク

総合職でも転勤の少ない「職種」

転勤の少ない職種は以下の通り。

  • 法務
  • 経理
  • 知財
  • 人事
  • 企画
  • 研究開発

いわゆる「コーポレート部門」は転勤少ないです。
コーポレート部門で働く人は
出張もそこまで多くありません。

これらの部門は拠点を分けすぎると
仕事がしづらくなります。

そのため本社勤務の人が多く
同じ部門の人たちが集まって
仕事をすることがほとんどです。

特に「法務」や「経理」は専門性が高いため
職種が変わることも少なく、オススメ

また「研究開発」も転勤は少ないです。
研究施設は工場とは違います。

そこから商品を出荷することは
無いと言っていいでしょう。

そのためコストを考えると
集約してしまった方がいいです。

結果として拠点の数が少なくなり
転勤も少なくなります。

ただ、学会などで出張は多いかもしれません。

ジョブローテーションが多い会社だと
職種が変わってしまいます。

せっかく転勤の少ない職種に就けても
職種が変わっては意味がありません。
ジョブローテーションは意識しましょう

スポンサーリンク

転勤の可能性をできる限り減らしたいなら

転勤の可能性を減らしたいなら
紹介してきたような企業や業界・職種を
選ぶのがいいでしょう。

ですが他にも方法があります。
詳しく説明します。

  • エリア総合職を選ぶ
  • 逆求人サイトで「転勤なし」を希望する
  • 就活エージェントに頼む
  • 会社に入ってすぐ結婚する

エリア総合職を選ぶ

もし転勤の可能性を無くしたいなら
「エリア総合職を選ぶ」
という選択肢もあります。

エリア総合職とは
一言でいうと「転勤のない総合職」です。

営業所はエリアごとに拠点がある場合が多く
そこで総合職として仕事をするという職種です。

これだけ聞くと一般職と総合職の
いいとこどりのように見えるのですが
もちろんデメリットもあります。

  • 銀行・証券・保険会社ばかり
  • 住宅手当が少ない可能性
  • 出世しにくい可能性
  • 給与が低い可能性

この職種はメーカーなどの業界で見かけることは
ほぼありません。「銀行・証券・保険会社」など
金融系の会社がほとんどです。

そのため選択肢はかなり狭まります…。

また、通常の総合職よりも
住宅手当が少なかったり、出世しづらかったり
給与が低かったり、という可能性もあります。

企業ごとに内容は違うので
興味があれば調べてみてください。

逆求人サイトで「転勤なし」を希望する

逆求人サイトとは「企業側からオファーが届く」
サービスのことです。

登録しておけば、企業側から
スカウトをもらうことができます。

「キミスカ」というサービスでは
転勤なしを選択する欄があるので
ここにチェックしておけばOK。

転勤の無い会社から
オファーがくる可能性が上がります。

全てのオファーが希望に沿ったものでは無い
ということには注意してください。

逆求人サイトについては
以下の記事で詳しく説明しています。

就活エージェントに頼む

就活エージェントは、就活に詳しいコンサルタントが
就活全般をサポートしてくれるサービスです。

この就活エージジェントに頼めば
転勤が無い・少ない会社を教えてくれます。

会社選び以外の面でもサポートしてもらえるので
うまく活用できれば有利に就活を進められます。

就活エージェントには以下のような
ものがあります。

会社に入ってすぐに結婚する

結婚すると、転勤について考慮してもらえる
というのは本当の話です。

もちろん全ての会社ではありませんが
そういった傾向があるのは事実です。

いろんな会社の方がおっしゃっていたので。
まぁこれは全く正攻法では無いですが。笑

まとめ:後悔しない会社選びを

転勤の可能性を少しでも減らしたいなら
以下の方法をとりましょう。

  • 転勤の少ない業界を選ぶ
  • 転勤の少ない職種を選ぶ
  • エリア総合職を選ぶ
  • 逆求人サイトで「転勤なし」を希望する
  • 就活エージェントに頼む
  • 会社に入ってすぐ結婚する

僕は転勤ウェルカムですが
そうでは無い人が多いのも分かります。

それぞれ会社に求めることは違うはず。
それを理解した上で自分にあった
会社選びをしていきましょう。
では、また。

体験談や経験談で稼ごう

せっかく大変な就活を頑張ったなら
辛い経験をしてきたのなら
それを利用して稼ぐのをオススメします。

インターンの経験談で稼いだり
通過ESで稼いだり、就活ネタを書いて稼いだり
合わせれば結構稼げます。

僕は体験記だけで10万円近く稼げました。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従