理系で文系就職をしても後悔しないための進路の選び方

文系就職
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

僕は理系院生だったんですが
結果的に内定を7つもらうことができ
文系就職をしました。

僕自身文系就職をして全く後悔はないですが
文系就職するかどうか迷っている人は
結構いるんじゃないでしょうか?

正直、僕も最初は迷っていました。
というわけで、同じように迷っている方々のために
後悔しないための進路の選び方を紹介します。

スポンサーリンク

理系の文系就職で後悔しないために

理系で文系就職するには勇気がいります。
同じような境遇の人が少ないので
周りに相談できる人も多くないはず。

「もったいないことしたなー」と
あとあと後悔しないためにしっかりと
将来のことを考えておきましょう!

ステップ①「研究分野が好きかどうか考える」

まずは「研究・専門分野が好きかどうか」
「熱意を持って取り組めるのか」
これを考えてみること。

「はい大好きです」と答えられない人は
文系就職の方がいいかもしれません。

周囲がどんな環境であっても
好きなことならずっと続けられる
こういう人は多いと思います。

理系職では自分の専門をコロコロ変える
ということはなかなかありません。

好きでないものをずっと続けるのは結構辛いです。

なので、まずは自分の専門領域に
熱意を持って取り組めるかを考えて見ましょう!

ステップ②「それはなぜなのか考える」

続いて「研究・専門が好きかどうか」
の回答について「それはなぜなのか」
これを考えてみること。

今の研究や専門領域が好きだという人
それは一体なぜなんでしょうか?
色々と理由はあると思います。

  • 単純に研究が楽しいから
  • 研究室のメンバーが楽しいから
  • 楽な研究室にいるから

単純に研究自体が楽しいとか
研究好きな人とウマが合うとか
そういった理由はいいと思います。

ですが、楽な研究室にいるからという理由だと
研究職に就かない方がいいかもしれません。

そして、逆に嫌いだという人も
色々と理由はあるはず。

  • 研究自体が面白くないから
  • 研究室のメンバーがつまらないから
  • ブラックな研究室にいるから

研究そのものが向いてない場合は
文系就職をしても後悔しないはず。

ですが、ブラックな研究室にいることで
研究が嫌いになっているなら
研究職を諦めない方がいいかもしれません。

このように、理由まではっきりとさせることで
自分の将来を選択していくことができます。

ステップ③「向いている環境を明らかにする」

自分が研究・専門領域を好きな理由から
「自分に向いている環境を明らかにする」
というのが続いてのステップです。

僕のように、研究自体面白くない
研究好きな人との会話があまり楽しくない

そんな感情を持っていた場合。

研究よりも自分が楽しいと思えることは何か?
どういう人との会話の方が楽しいのか?
などを考えていきます。

その結果、もっと経済の話をする方が楽しい、とか
研究するより人と話していたい
ということが分かってきました。

それを総合して「文系就職」
した方がいいという決断をしたわけです。

皆さんもこのようなステップを踏んで
自分の将来を決定していきましょう!

スポンサーリンク

理系の文系就職で後悔しないためには「自己分析」

文系就職する際の判断基準について
紹介してきましたが、ここで紹介
してきたことはいわば自己分析。

一番大切なのは「自己分析」です。
これを適切に行うことで自分に合った企業や
業界・働き方が明らかになっていきます。

「自己分析なんていらないでしょ」
と思っている就活生は結構多いです。
僕もかつてはそうでした。

ですが自己分析は非常に重要です!
あなたの就活のコンパスになるものなので
しっかりとやっておきましょう。

やり方が分からないという方は
こちらの記事を参考にしてください。

理系の文系就職をして後悔していない?

僕は実際に文系就職をして
自分の専攻とは全く違う会社に入りましたが
正直めちゃくちゃ楽しいです。

同期は研究をしていた時と全然違います。
自分と話が合う人が多く
日々楽しく働くことができています。

研究職に固執していなくてよかったな
と思っています。後悔は微塵もないです。

「もったいない」と言う人もいますが
辛い環境でいきていく方がもったいない
と僕は思います。

ぜひ、皆さんも人の物差しではなく
自分の物差しで将来を決めましょう!

まとめ:自分の物差しを持とう

理系の文系就職について
どうすれば後悔しない選択ができるか
解説してきました。

端的に言うと「自分の物差しを持つ」ということ。
人にこう言われたから、こう思われるから
ではなく、自分がどう思うかが大切!

自分の将来なので、人の意見に
左右されすぎないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従