理系が文系就職で総合商社に行くのってアリ?理系は不利?

文系就職
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は理系が文系就職先として
総合商社を選ぶのはアリか?
について話していきたいと思います。

僕は実際に文系就職をして
総合商社にも内定をいただきました。
インターンシップに行った経験もあります。

そんな経験から、理系の文系就職先としての
総合商社についてお話しします!

スポンサーリンク

理系が文系就職で総合商社はアリ!

理系が文系就職先として総合商社を選ぶのは
めちゃくちゃアリです。
最近は理系からの人気も
増えてきている総合商社。

理系だからとか、文系だからという理由で
人を採用しているわけではないので
十分内定をもらうことは可能です。

難易度が高いのは事実ですが
自己分析・企業分析の結果から
しっかり作戦を立てて対策すれば大丈夫!

スポンサーリンク

理系の文系就職は有利

実は理系の文系就職は結構有利です。
その理由は「少数派だから」

グローバルに活躍する社員の多い総合商社は
多様性に対しての理解も深く、実力と
希少価値を持った就活生を求めています。

理系は文系と比較して、平均的に
次のような強みを持っている
ということで希少価値が高くなっています。

  • 数字に強い
  • 論理的思考力がある
  • パソコンなどの情報機器に強い
  • 専門知識がある
  • 仮説・検証を繰り返す力がある
  • 勤勉な人が多い

もちろん一概には言えませんが
傾向として、理系はこういった能力を
持っている人が多いです。

そしてどの能力も、会社で良い成績を上げる
ために重要な項目です。これらをしっかり
抑えている理系の学生はとても有利です。

総合商社ではさらに能力が必要

理系が文系よりも有利だと話しました。
しかし、総合商社のように人気が高い企業では
他の能力でさらに差別化することが必要です。

  • リーダーシップ能力
  • 主体的行動力
  • コミュニケーション能力 
  • ストレス耐性 など

全てを持っている必要はないですが
商社を受けるような学生の中でも
何か抜けた能力が必要となります。

それを披露するのはグループディスカッションや
面接の中での受け答え。理系はグルディスが
苦手な人が多いので練習は必須です。

面接では論理的で説得力のある
回答が求められます!
自己分析と企業分析を適切に行いましょう。

一言で総合商社と言いますが
やっている事業は結構バラバラ。
その点も理解して面接に臨みましょう。

「総合商社は激務」は多分本当

総合商社を志望する理由で
面接では言わないとしても多いのが
「給料が高いこと」だと思います。

しかし、その分激務なんじゃないか?
というのもよく言われます。

思い切って人事に聞いてみると
「最近はそんなことはないよ」
という回答が多いんじゃないでしょうか?

この疑問について答えると「多分本当」です。
インターンに行った際に感じたことです。
*僕の経験なので確実ではないです

インターンで夜中の3時まで残業

僕はある総合商社のインターンに
参加しました。研修センターまで行って
3日間の合宿形式です。

そのインターンで最終日の発表前に
準備が終わらず、3時まで残業しました。

しかも、メンターである社員さんも
同じ時間まで残業していました。
次の日は6時起きです。

ここで僕は、やっぱり商社って
激務なんだなぁと思いました…。

働くのが楽しいとも言っていた

僕にはとてつもなくしんどい時間でしたが
他のインターン生はその辛さも
全て楽しんでいるような様子でした。

そしてメンターの方も
「仕事は楽しい。ワークはライフだ」
という名言も残していました。

つまり商社で働いている人は
一般の人が辛いと感じることも簡単に乗り越える
メンタルとバイタリティを持っている人がほとんど

なんだと思います。

まとめ:自分との適性も見極めよう

理系の文系就職は商社を受ける上で
基本的に不利に働くことはありません。

個人的にはむしろ有利だと思います。

なので、臆せず受けてもらって
大丈夫だと思いますが、性格的な適性まで
考えることをオススメします。

総合商社に行きたい人は
とてもたくさんいます。理由も様々です。

「お金」「モテたい」「グローバルに働きたい」
「海外行きたい」「大きな事業を動かしたい」

このように自分の欲が叶えられるからという
理由ももちろんいいんですが、商社の環境が
自分に合っているのかということも考えるべき!

入ってから後悔してはもったいないので
自分の性格も見極めて、行きたい会社を
適切に選んでいってください。

理系の文系就職で総合商社に内定するために

文系就職するには多くの苦労があります。
情報収集が大変だったり、研究室の拘束が
厳しくて時間が無かったり。

そんな人たちのために
文系就職を成功させるまでの道のりを
全てまとめました。

ぜひこちらの記事を参考にして
文系就職を進めていってください!

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従