意味ないと思っていた自己分析が、就活で一番大切だった【実体験】

体験談・裏話
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は自己分析なんて意味ないでしょ?
と思っている就活生向けの記事。

僕は理系院生だったんですが
結果的に7つ内定をもらうことができ
文系就職をしました。

そんな僕が今振り返って思うことが
「自己分析が一番大切だったな」
ということです。

もともと自己分析ってなんのためにするの?
意味ないと思っていましたが
就活してみてその考えは変わりました。

スポンサーリンク

意味ないと思っていた「自己分析」が一番大切

僕が就活をして一番大切だったと感じたのは
結局「自己分析」でした。

なぜかと言うと
自分が幸せに生きるのに必要だからです。

  • どの場面で自分は楽しいと感じるのか?
  • どの場面で辛いと感じるのか?
  • そして、それはなぜなのか?

これをしっかりと理解することで
自分に適した業界や職種がわかります。

自己分析が十分にできていて
自分に合った業界・職種に就ければ
幸せに働ける可能性は高まります。

どの職種が合っているのか
どういった業界が合っているのか
まだ全然分からない、という人は
まず自己分析を徹底的にしましょう

一回やった人でもまだ足りないと思ったら
もう一回やってみましょう。

「自分のことはわかってるよ」
と思ってる人も、言葉でしっかり
根拠をつけて説明できるか確かめるのが大切。

スポンサーリンク

面接官が自己分析の穴を突いてくる

面接官は基本的に
「なぜ?」を追求することで
自己分析の穴を突いてきます。

論理的で説得力のある返答が出来ないと
それが本当であっても「嘘をついている」
と思われて、落とされてしまいます。

あるいは、それが論理的であっても
業界に合っていなかったり
職種に適していなかった場合
それでも落とされます。

これらに対処するために
「自己分析」を徹底するべきです。

正しい自己分析のやり方

では正しく自己分析をするには
どうすればいいのか?ただ考えていても
なかなか自分のことはわかりません。

主な正しい自己分析の方法は5つ。
これらを駆使して自己分析しましょう。

  • 「メモの魔力」を使う
  • 自己分析ツールを使う
  • 面接を受けてみる
  • 面談してもらう
  • 友達に聞いてみる

特に「メモの魔力」という本を使う方法はオススメ。
多分一番しんどいですが、その分大きな効果が
得られるのでぜひやってみてください。

もっと詳しく知りたい方は
こちらの記事を読んでみてください。

自己分析を「意味あるもの」にするには?

自己分析がしっかりと出来れば
勝率はグンと上がります。

しかし、自己分析に加えて重要なものが
コミュニケーション能力と熱意です。

リクルートの就職白書2018でも
コミュニケーションと熱意の重要性は
際立っています。

引用元:就職白書2018

自己分析に加えて、この2つの能力をしっかり
身につけていれば面接は怖くありません。

さらに企業分析まで適切に行い
自分に合った会社を受ければ
基本的に落ちる可能性はかなり低いです。

ではどうやってその能力を磨くのか
安心してください。練習すれば大丈夫です。

コミュニケーション能力を見せる

よく、「コミュ力が無い」と
大学生は言いますが…その能力とはまた別。

大人の人と適切に会話ができるのか
という点が重要です。

  • アナウンサーのように明るく、ハキハキ話す
  • 話すことを暗記せず、会話のように面接する

これを意識すれば基本的に大丈夫です。
これが出来れば1次面接で落ちる可能性はほぼ0。
僕は30回ほど受けて落ちたのは1回だけです。

無理な人は鏡の前で練習したほうがいいです。
1次面接で落ちるのはとても勿体無いこと。

熱意を見せる

「最終面接では熱意が一番大切。」
毎回人事の方に言われました。
体育会系の学生は得意だと思います。

ですが、理系院生の僕は
暑苦しく熱意見せるのは苦手…。

僕のように熱意を見せるのが苦手な人は
質問に対して、いかに説得力を持たせられるか
を強く意識しましょう。

自己分析の部分ですね。
ここをしっかり行うことで熱意を見せられます。

ガンガン熱意を見せるのが苦手なら
そういう方向で熱意を見せましょう。

あと、僕は赤いネクタイをしていきました。
なんか熱意ありそうじゃないですか?
(半分冗談で半分本当の話)

就活でまずやるべきは「自己分析」

ということで
まずは自己分析をしましょう。
まずは自分を理解しましょう。

その上で会社分析や業界分析を始めれば
コンパスを持っているのと同じなので
スラスラと進んでいくはず。

どんな業界に本当の興味を持てるか
どんな職種なら自分は幸せに働けるのか
その答えは自分しか知りません。

まずはその答えを知ってから
スタートラインに立ちましょう。

そして自分に合った会社から
内定をもらいましょう!

【効率の良い就活をしたい人必見】

就活は、自己分析・企業分析・ES・面接
インターン・座談会・説明会など
やることがたくさんあります。

しかも、しっかり準備していたとしても
社風に合わないといった理由で
選考に落ちることもあります。

そんな大変な就活ですが
とにかく効率良く就活を終えて
他のことに時間を使いたい!

そう思っている就活生も多いはず。

そんな人にオススメの
就活ツールを厳選して紹介します。

Webテストの解答集を利用する

対策がかなり面倒なのがWebテストです。
テストにもいくつか種類があり
全部対策していたらとてもしんどいはず。

そんな人にオススメなのが
Webテストの解答集を利用する方法です。
入手方法は大きく分けて以下の3つ。

  • ネット経由で購入する
  • 先輩から引き継がれている解答集を使う
  • 友人にもらう


引き継がれたものは新しいテストに
対応していないことがあるので
ネットで購入するのがオススメ。

当サイトがおすすめするWebテスト解答集は
こちら。
旧帝国大学出身の僕が修正・加筆を
加えた解答集です。値段も本を買うより安いです。

【2021卒】Webテスト・SPIの解答集|タキ|note
就職活動の中で、誰もが受けるであろうWebテストやテストセンター。 旧帝国大学出身の人でも勉強不足で落ちる人が多いため、しっかり対策する必要があります。 しかし、結構対策が面倒なのが事実。種類もいくつかあってその度に対策するのはかなりしんどいはず。 そんな人にオススメなのが解答集を利用する方法です。ということで...

One Careerで選考対策+お金稼ぎ

Webテスト選考の前にあるエントリーシートや
通過した後の面接も、対策が必要な部分です。

しかし、一から始めるとなると
やるべきことが多すぎる…。
ということでオススメなのが「ONE CAREER」

選考体験記の質が高く
企業別の対策が簡単にできます。

また、就活が終わったら自分の経験をもとに
お金を稼ぐこともできます。

僕は体験記で10万円弱稼げました!
選考の時のエントリーシートは
しっかり残しておくことをオススメします。

unistyeで選考対策+お金稼ぎ

こちらも選考対策とお金稼ぎに
とても有効なサイト「unistyle」

企業別の選考対策が充実しており
就活コラムも質が高い記事が多いです。

unistyleも選考体験記を買い取ってくれるので
就活で失ったお金を取り戻しましょう。

OfferBoxで自己分析+スカウトGet

就活で時間がかかるものの中に
「自己分析」があります。
自分のことを
全て理解するのは意外と大変…。

そんな方にオススメなのが
自己分析ツールを利用する方法です。

自己分析ツールの中でも質が高いのが
「OfferBox」というサービスの『Analyze U+』
これを使ってて自己分析を効率よく進めましょう!

アンケートのような感覚で
自分に向いている仕事や
自分の強みが理解できます。

診断結果を分析して
就活に役立つアドバイスも貰えるため
自己PRに活かすこともできます。

また、OfferBoxはスカウトサイトなので
企業からスカウトが来ることもあります。
僕はココ経由で内定をもらいました!

効率よく就活つを進めたい就活生は
登録しておくべきサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従