【実体験】OB訪問の重要性とは?必要性とは?

ぷっか
ぷっか

こんにちは、ぷっかです。

今回は「OB訪問の重要性について」
知りたい人向けの記事です。

商社を受ける人はOB訪問をする人が
多いですが、メーカーなどを志望する学生は
あまりOB訪問をしないですよね。

ですがOB訪問は、他の学生と
差別化するために非常に有効です。

という事で今回は
OB訪問がどんな役割を果たすのか
詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

OB訪問の重要性とは?必要性とは?

総合商社志望でなくても
選考を通過するために
OB訪問は非常に有効な手段です。

その理由は次の通りです。

  • 志望動機に説得力出る
  • 自己分析に繋がる
  • 他の学生との差別化ができる

志望動機に説得力が出る

ほとんどの面接で
「志望動機はなんですか?」と聞かれます。

この時「HPや企業説明会で得た情報」と
「自己分析で見えた自分の特性」を組み合わせて
答える人が多いと思います。

そこにさらに説得力を持たせるために
OB訪問が有効です。

OB訪問をすれば
・実際の業務内容がよりリアルに分かる
・社風や会社の雰囲気が分かる

と言ったメリットがあります。

簡単に言うと、こんな学生か

OB訪問していない
OB訪問していない

HPや説明会を通じて
御社の業務内容や社風に惹かれました。

こんな学生だったら

OB訪問した
OB訪問した

OB訪問した社員の方とお話しして
御社の業務内容や社風に惹かれました。

どっちの方が説得力があるでしょうか?
いきたい会社があるのなら
ぜひ後者を目指したいところです。

自己分析に繋がる

OB訪問は「単純に会社の話を聞くだけのもの」
ではありません。自分のキャリアを考える上でも
非常に役に立ちます。

OB訪問を受けてくれる先輩たちは
面倒見がいい人が多いです。
(面倒だったら何かと理由をつけて断れるので)

「こんな風に考えていて
こういうキャリアを歩みたいです」と伝えた際
アドバイスをくれる方も多いです。

それならこの業界や
こういう企業の方がいいよ

最初から「就活についての悩み」
について相談したいという頼み方でも大丈夫。

OB訪問したからと言って
「その会社を受けなければいけない」
というわけではありません。

OB訪問を通じて
より深く自分のキャリアを見つめ直す
というのも良いと思います。

僕は実際これで、自分のキャリアを
考え直す事がありました。

他の学生との差別化ができる

商社以外の業界でOB訪問する人は
多くありません。

ということはOB訪問は
「他の学生と差別化する」
という役割も果たしています。

OB訪問をたくさんしておけば
それだけ熱意を伝える事ができます。

その熱意によって
他の学生との差別化をしましょう。

差別化は誰にとっても有効ですが
特に「学歴の高くない学生」に有効です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク

OB訪問する必要がない業界も?

OB訪問はほとんどの就活生にとって有効ですが
その割合が低い業界もあります。

それは「コンサル」と「外資系」の企業です。
コンサルや外資系企業においての重要度は基本的に
以下の通り。(もちろん例外はあります)

  1. 能力・スキル
  2. 志望度・企業理解

そのため、他の業界と比べて
OB訪問がもたらす恩恵は小さいと思われます。

インターンが選考に繋がることが多いので
そちらに注力した方がベターかもしれません。

もちろんOB訪問に意味がないわけでは無いです。
単純に効果が薄いと予想されます。

スポンサーリンク

OB訪問はどうやってすればいい?

ここまでOB訪問の重要性を述べてきましたが
「一体どうやってOB訪問すればいいの?」
という人も多いかと思います。

一般的なOB/OG訪問を行う場合、基本的には
「大学のキャリアセンターでアドレスを聞く」
という形になるはず。

ですが、最近は手軽にOB訪問をするために
様々なサービスが誕生しています。
個人的にはこちらの利用をオススメします

  • ビズリーチキャンパス
  • Matcher
  • Visits OB

一番のオススメは「ビズリーチキャンパス」です。
理由は以下の通りです。

・簡単にOB/OG訪問ができること
・登録されている企業のOB/OGが多い
・ビデオ通話でもOB/OG訪問ができる

企業公認のOB/OGも多数登録されているので
安心して活用できると思います。
より詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。

まとめ:OB訪問で有利に就活を進めよう

「OB訪問をしない=内定が出ない」
ではありません。ですがOB訪問を有効に使えば
「他の学生と自分を差別化」できます。

特に、大企業志望の人にはオススメ。
大企業は応募者が多く、埋もれる可能性が高いため。

大量の学生の中から自分を差別化するには
言葉だけではなく「行動」で示す事が近道です。

もちろんOB訪問以外にも様々な方法がありますが
一つの手段として使っていきましょう。
では、また。

手っ取り早く就活を終わらせたい人必見!

就活は、自己分析・企業分析・ES・面接・インターン・座談会・説明会などやらなければならないことがたくさんあります。

しかも、しっかり準備していたとしても「社風に合わない」といった理由で選考に落ちることもあります。

そんな大変な就活ですが「とにかく効率良く就活を終えて、他のことに時間を使いたい!」そう思っている就活生も多いはずです。

そんなあなたにオススメの就活ツールを厳選しました。ぜひ活用してください!

Webテストの解答集を利用する

対策がかなり面倒なのがWebテストです。

テストセンターやWenテストにはかなりの種類があるため、全部対策していたらとてもしんどいと思います。そんな人にオススメなのが、Webテストの解答集を利用する方法です。

入手方法は大きく分けて以下の3つです。

  • ネット経由で購入する
  • 先輩から引き継がれている解答集を使う
  • 友人にもらう

このようにいくつかの種類がありますが、引き継がれたものは新しいテストに対応していないことがあるので、個人的にはネットで購入するのがオススメ。

僕がオススメするWebテスト解答集はこちらです。旧帝国大学出身の僕が修正・加筆を加えた解答集です。負担にならないように、値段も本を買うより安く設定しています。

【2022・2023卒】Webテスト・SPIの解答集|ぷっか@就活・FIRE・投資|note
※解答集は、一定数販売後に値上げ(2500円程度)を予定しています。購入予定の方はお急ぎ下さい。 就職活動の中で、誰もが受けるであろうWebテストやテストセンター。 実は、旧帝国大学出身の人でも勉強不足で落ちる人が多いです。甘く見ていると足元を掬われます。そのため、しっかり対策する必要があります。 しかし、W...

One Careerで選考対策+お金稼ぎ

Webテスト選考の前にあるエントリーシートや通過した後の面接も、対策が必要な部分です。しかし、一から始めるとなるとやるべきことが多すぎる…。

ということでオススメなのが「ONE CAREER」です。

選考体験記の質が高いため、企業別の対策が簡単に効率良くできます。また、就活が終わったら自分の経験をもとにお金を稼ぐこともできます。

僕は体験記を書くことで約10万円稼ぎました!あなたも選考の時のエントリーシートは、しっかり残しておくことをオススメします。

今なら以下のURLから登録するだけで、500円分のAmazonギフトがもらえます!(学生証ではなく、大学のメールアドレスでの登録が必要です)

unistyeで選考対策+お金稼ぎ

こちらも選考対策とお金稼ぎにとても有効なサイト「unistyle」です。

企業別の選考対策が充実しており、就活コラムも質が高い記事が多いです。

unistyleも選考体験記を買い取ってくれるので、ONE CAREERと一緒に活用することで、就活で失ったお金を取り戻しましょう!

OfferBoxで自己分析+スカウトGet

就活で時間がかかるものの一つに「自己分析」があります。

自分のことを全て理解するのは、実はかなり大変です…。そんな方にオススメなのが自己分析ツールを利用する方法です。

自己分析ツールの中でも質が高いのが「OfferBox」というサービスの『Analyze U+』です。これを使ってて自己分析を効率よく進めましょう!

アンケートのような感覚で自分に向いている仕事や自分の強みが理解できます。以下の写真のような形であなたを分析してくれます。

診断結果を分析するだけでなく、そこから就活に役立つアドバイスもしてくれます。このアドバイスは自己PRに活かすこともできます。

また、OfferBoxは「逆求人サイト」なので企業からスカウトが来ることもあります。実際に、僕はOfferBox経由で年収約1,000万円の企業に内定をもらいました!

効率よく就活を進めたい就活生は、絶対に登録しておくべきサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従