就活生が平均年収を見る際に知っておくべき3つの真実

企業・業界研究
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は、「働く上で年収を意識する就活生向け」
知っておくべき真実が3つあります。

多くの就活生が四季報などで給料を見て
「ここは給料高いなー、ここは安いなー。」と
判断しているかと思います。

年収が大切だと思う就活生は
ぜひこの事実を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

平均年収の事実①「高く見積もられている時がある」

突然ですがこれを見てください。
ある会社の平均年収についてです。

スクウェア・エニックス・ホールディングスの
平均年収(2018年度)は1429万336円です。

https://clabel.me/companies/15498

ほとんどの人が「たかっ」って思うはずですが
これにはカラクリがあります。

  • 平均年齢:46.9歳
  • 従業員数:20名
  • 平均勤続年数:5.1年

従業員数が少なすぎます。
平均年齢もちょっと高いし勤続年数は短すぎ。

はい、そうなんです。これがカラクリです。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは
様々なグループ会社を統括する会社で
いわゆる「お偉いさん」が所属する会社。

新卒で入るような会社では無いのです。

つまり年収を見る際には様々な要素が重要。
名前に「ホールディングス」とある場合は
特に要チェックです。

高い年収を見て「自分も同じ額がすぐに貰える」
とは思わないほうがいいです…。

  • 年収900万(平均年齢40歳)
  • 年収800万(平均年齢30歳)

こういった場合、後者の方が
生涯貰える給料は多い可能性があります。

逆に低い年収を見て「こんなに少ないのか」と
すぐに悲観する必要もないです。

ベンチャー企業は若い人が多い傾向にあり
その分年収も低くなりがち。そこまで考えて
平均年収をチェックしましょう。

スポンサーリンク

平均年収の事実②「低く見積もられている時がある」

続いてこちらを見てください。
こちらはトヨタの平均年収について。

トヨタの平均年収(2018年度)は832万円です。

https://career-picks.com/average-salary/toyota-nenshu/

「思ったより安い」と思った方はいませんか?
「天下のトヨタでこれぐらいか」と。
(普通に高いですけど…)

実はここにもカラクリがあります。
トヨタの年収が思ったより低い理由は
「株主から文句が出ないよう低く見せている」から

株主は「社員の給料を無駄に高くするなら
その分株主に還元しろ」と言います。
一方でトヨタが嘘をつくわけにはいきません。

そこで多くの企業がとっている策が
「一般職や現場社員の給料を含める」という策。

同じ会社であっても
これらの職に就いている人の給料は
総合職の人よりも低くなっています。

結果的に、平均年収が
総合職の実際の年収よりも低くなります。

こういった手法は「メーカー」などの
現場労働者が多い会社で取られています。

「従業員数の多い企業は、現場労働者を含んでいる」
可能性があるので、そういった会社の実質の年収は
もっと多いと考えていいでしょう。

*総合職平均の年収が算出されている企業もあります
その辺りは要チェック。

平均年収の事実③「初任給が高い=年収が高い」では無い

初任給はやっぱり高い方がいいですよね。
初任給が高いのは、ベンチャー企業に多いです。
「初任給30万円」みたいな。

ですがこれは要注意です。
(大手企業の初任給は「20万ー25万円」ぐらい)

これを鵜呑みにしてしまうと後悔してしまう可能性が。
その理由はこちらです。

  • 「初任給は高いが、その後はほとんど上がらない」
  • 「ボーナスはほとんどもらえない」
  • 「福利厚生がほとんどない」

知らずに入ってしまうと後悔してしまいます。
しっかり情報収集をすしておきましょう。
特に福利厚生で年収が100万円近く変わる場合も。

ベンチャー企業やIT企業は特に人材不足です。
初任給を高くして就活生を確保しようとしています。

もともとベンチャー企業志望の人はいいですが
長期的な視点を持つことも重要です。

平均年収をさらに深掘り

もっと給料について深い部分まで考えたい人は
「3つの要素の割合」を知るべきです。

  • 基本給:年齢を重ねると上がる
  • 残業代:残業時間によって左右
  • ボーナス:個人・会社の業績に左右

これらの要素の割合を見れば
給料の安定性が分かります。

・基本給の割合が多い場合
 給料の安定性は高いと言えます。
 年収も基本給も高いのが嬉しいですね。

・残業代の割合が多い場合
 社員の多くがたくさん残業しているということ。
 残業規制が進めば、給料は減ってしまうかも。

・ボーナスの割合が多い場合
 会社や業界が傾くと大幅に削られる可能性あり。
 100万円ぐらい上下する業界も…。

こういった要素も考えていくと
会社選びに間違いはなくなりそうですね。

まとめ:給料は鵜呑みにしない

四季報などに書かれている給料や
HPに乗っている初任給だけを鵜呑みにすると
「こんなはずじゃ…」となってしまいます。

給料に関する事実をしっかりと知った上で
企業選びをしましょう。
情報収集はとても大切です

【効率の良い就活をしたい人必見】

就活は、自己分析・企業分析・ES・面接
インターン・座談会・説明会など
やることがたくさんあります。

しかも、しっかり準備していたとしても
社風に合わないといった理由で
選考に落ちることもあります。

そんな大変な就活ですが
とにかく効率良く就活を終えて
他のことに時間を使いたい!

そう思っている就活生も多いはず。

そんな人にオススメの
就活ツールを厳選して紹介します。

Webテストの解答集を利用する

対策がかなり面倒なのがWebテストです。
テストにもいくつか種類があり
全部対策していたらとてもしんどいはず。

そんな人にオススメなのが
Webテストの解答集を利用する方法です。
入手方法は大きく分けて以下の3つ。

  • ネット経由で購入する
  • 先輩から引き継がれている解答集を使う
  • 友人にもらう


引き継がれたものは新しいテストに
対応していないことがあるので
ネットで購入するのがオススメ。

当サイトがおすすめするWebテスト解答集は
こちら。
旧帝国大学出身の僕が修正・加筆を
加えた解答集です。値段も本を買うより安いです。

【2021卒】Webテスト・SPIの解答集|タキ|note
就職活動の中で、誰もが受けるであろうWebテストやテストセンター。 旧帝国大学出身の人でも勉強不足で落ちる人が多いため、しっかり対策する必要があります。 しかし、結構対策が面倒なのが事実。種類もいくつかあってその度に対策するのはかなりしんどいはず。 そんな人にオススメなのが解答集を利用する方法です。ということで...

One Careerで選考対策+お金稼ぎ

Webテスト選考の前にあるエントリーシートや
通過した後の面接も、対策が必要な部分です。

しかし、一から始めるとなると
やるべきことが多すぎる…。
ということでオススメなのが「ONE CAREER」

選考体験記の質が高く
企業別の対策が簡単にできます。

また、就活が終わったら自分の経験をもとに
お金を稼ぐこともできます。

僕は体験記で10万円弱稼げました!
選考の時のエントリーシートは
しっかり残しておくことをオススメします。

unistyeで選考対策+お金稼ぎ

こちらも選考対策とお金稼ぎに
とても有効なサイト「unistyle」

企業別の選考対策が充実しており
就活コラムも質が高い記事が多いです。

unistyleも選考体験記を買い取ってくれるので
就活で失ったお金を取り戻しましょう。

OfferBoxで自己分析+スカウトGet

就活で時間がかかるものの中に
「自己分析」があります。
自分のことを
全て理解するのは意外と大変…。

そんな方にオススメなのが
自己分析ツールを利用する方法です。

自己分析ツールの中でも質が高いのが
「OfferBox」というサービスの『Analyze U+』
これを使ってて自己分析を効率よく進めましょう!

アンケートのような感覚で
自分に向いている仕事や
自分の強みが理解できます。

診断結果を分析して
就活に役立つアドバイスも貰えるため
自己PRに活かすこともできます。

また、OfferBoxはスカウトサイトなので
企業からスカウトが来ることもあります。
僕はココ経由で内定をもらいました!

効率よく就活つを進めたい就活生は
登録しておくべきサービスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従