面接に落ちたショックから立ち直る5つの方法

面接対策
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は面接に落ちたショックから立ち直る方法を
紹介したいと思います。

面接に落ちたらヘコむと思います。
「自分が否定された…」
と感じてしまう人もいるかも。

もちろん僕もそうでした。笑
ですが、それを引きずってしまうと
次の面接にも影響が出てしまいます。

ということで今回は
「面接に落ちたショックから立ち直る方法」
をご紹介します。

スポンサーリンク

面接から立ち直る①「落ちた企業の悪い点探し」

意外と多くの人がやっているかも?
「自分を落とした企業の悪い点を探す」
という方法です。

「もちろん良いとこもある」ことは
分かった上で僕もよくやっていました。笑

僕がよく使っていたのは口コミサイトである
「OpenWork (Vorkers)」です。

このサービスでは実際に働いている(いた)社員が
会社を評価しています。このサイトは単純に会社ごとの
比較をすることはできませんが、会社自体の悪い点を
見ることは簡単にできます…。

「自分の思っていた会社像」と「現実の会社」の
ギャップが小さいほど評価は高くなり
ギャップが大きいほど評価は低くなります。

大手企業だとこんな悪い評価が並びがち。

  • 「思っていたより仕事が退屈」
  • 「成長できない」
  • 「ルーティンワークが多い」
  • 「上司が堅い」

一方でベンチャー系企業はこんな感じ。

  • 「給料が安い」
  • 「残業が多い」
  • 「雑務もこなさないといけない」
  • 「休日出勤もある」

僕はこういったマイナス評価を見て
「行かなくて良かったかも」
と気持ちを切り替えていました。

意外とこのような気持ちの切り替えは大事です。

また、過去の不祥事を見つけたり
食品メーカーの評判の悪い商品を見つけたりするのも
メンタル的には良いかもしれません。笑

あとは「優秀な就活生を逃したなー」と
会社のミスとするのもオススメ。

僕は結構これで乗り切ってました。笑
(自分が本当に優秀かどうかは関係なく)

スポンサーリンク

面接から立ち直る②「次の面接の準備をする」

続いて「次の面接の準備をする」という方法。

落とされた企業の悪い点をいくら探しても
見つからなかったり、悪い点よりも良い点の方が
頭に浮かんでくる…そんなこともあるでしょう。

そんな時はもう忘れてしまうしかありません。

「次の選考の対策を始めてしまう」
のが良いでしょう。準備を始めてしまえば
そちらに集中できるかと思います。

「あーこれまだ終わってない」とか
「この質問なんて答えよう」とか
「ヤバイヤバイ、やることいっぱい」みたいな

新しくやるべきことを見つけましょう。

ですが一つ注意点。次の対策に移る前に
「なぜ前回の面接に落ちてしまったのか」を
しっかり振り返る必要があります。

成長するために復習は大切です。
同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。
修正点を見つけた上で、次の選考に挑めべし。

面接から立ち直る③「就活している友達と遊ぶ」

これも結構オススメです。
同じ苦しみを味わっている人となら
その苦しみは存分に分かち合えるはず。

同じように苦しんでいる「就活中の友達と遊ぶ」
というのは、非常に効果的なストレス発散方法です。

僕の経験上、就活生のほとんどが
それぞれ悩みを抱えています。
それをお互いに愚痴り合えば、とても楽になります。

溜め込んでばかりではなく
しっかりと吐き出すことも重要です。

  • 一緒に飲んでもいい
  • ご飯に行くだけでもいい
  • カラオケに行くのもいい
  • 映画もいい
  • 単純に話すだけでもいい

次の選考に気持ちを引きずらない
ということが大切です。

面接から立ち直る④「相性が悪かったと割り切る」

これを常に思っていると
ショックもほとんど受けなくなれます。
「相性が悪かったと割り切る」方法。

「就活は相性だから恋愛と一緒」みたいなこと
良く聞きませんか?

多分恋愛とは違うと思いますが。笑
「就活は相性」というのは本当です。

いくら優秀な学生でも社風に合わない場合や
性格が合わない場合は普通に落ちることがあります。
大手企業の人事から聞きました。

大手人事
大手人事

めちゃくちゃ優秀で能力があっても
会社に合わない人は通せないなー

ということで
「性格や自分の雰囲気が合わなかったんだ」
と割り切ると気が楽です。

「もし受かってても楽しくなかっただろう」
と考えましょう。一気に、行かなくて良かった
と思えてくるはずです。

自分の性格や過去の経験を偽っても
行きたい会社に行く人もいるかもしれませんが
個人的にはオススメしません。

楽しく働きたいなら
自分を偽るのはやめたほうがいいです。

ただ嘘をついてもオッケーな人がいます。
それについては以下の記事で説明しています。

面接から立ち直る⑤「とりあえず誰かに相談」

就活中の友達とは予定が合わない…
という方はもう誰でもいいです。
とりあえずその辛い気持ちを打ち明けましょう。

思っていることを言うだけでも
気持ちは楽になります。

  • 両親
  • 高校の友達
  • 就活エージェント
  • 先生
  • 先輩
  • 大学のキャリア支援センター

誰でもいいです。
何もしないのが一番良くないので
少しずつ前に進みましょう。

僕は就活で知り合った友達と
LINEで愚痴を言い合ってました。笑
その子には何度も励まされました。

次の面接で失敗しないために

ショックから立ち直れても
次の面接で落ちてしまったら
またヘコんでしまいます。

そうならないために
しっかり対策する必要があります。
その方法は以下の通りです。

  • なぜ落ちてしまったか振り返る
  • もう一度面接練習する
  • 選考内容を調べておく

詳しい内容については
こちらの記事をご覧ください。

まとめ:みんな同じように悩んでいる

「面接に通過できず自分を責めてしまう」
この経験はほとんどの就活生がしています。

辛い思いをしている人の方が多いでしょう。
ほんの一握りの就活生以外
みんなES落ちや面接落ちしています。

その辛い気持ちを引きずりすぎず
しっかり解消して、次の選考に臨みましょう。
では、また。

体験談や経験談で稼ごう

せっかく大変な就活を頑張ったなら
辛い経験をしてきたのなら
それを利用して稼ぐのをオススメします。

インターンの経験談で稼いだり
通過ESで稼いだり、就活ネタを書いて稼いだり
合わせれば結構稼げます。

僕は体験記だけで10万円近く稼げました。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従