【実体験】興味のない会社の面接やESで、ボコボコにされた話

ぷっか
ぷっか

こんにちは、ぷっかです。

総合商社・大手食品会社・デベロッパーなど7社から内定を頂きました。

当サイトでは、その中での学びやノウハウをまとめています。

今回は、興味ない会社の面接でボコボコにされてしまった話をしたいと思います。

おそらく皆さんの中にも「練習で興味ない会社も受けとくかー」と考えている人がいると思います。あるいはインターンに行ったら早期選考の案内きたから受けるかーって人もいるかもしれません。

僕もそうった考えであまり興味のない会社を受けたんですが、その結果面接でボコボコにされました。その時の話をまとめてみました。皆さんの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

ボコボコ①「ベンチャー企業」

まず紹介するのは、逆求人サイト経由でオファーが来たベンチャー企業の話です。

正直その業界に全く興味はなかったのですが、もしかしたら面白いかもしれないと思い面談に行ったら、選考を受けることを勧められました。

勧めてくれるなら「面接の練習と思って受けてみよう!」と思って受けた会社です。1次面接はかなりフランクな感じでした。雑談をしてから少しガクチカを話していたら、その場で通過と言われました。

こんな感じでいいのか、と思い次は2次面接です。当時経験値の少なかった僕は、ここでボコボコにされました。

一応会社のサービスや事業内容についてはちゃんと調べており、以下のような質問の対策はしていました。

・入ったらどのサービスに携わりたいか
・なぜそのサービスに興味があるのか
・なぜこの業界に興味を持ったのか
 など

しかし、次の質問には答えられませんでした…。

それは「数ある会社の中でうちを選ぶ理由は?うちじゃなければいけない理由は?」というものです。

ぷっか
ぷっか

そんな理由は無い…。勧められたから受けただけです…。

心ではそう思いましたが、そんなことは言えないので適当に返しました。しかし、面接官はそこを深く掘り下げてきました。おそらく納得行かなかったのだと思います。僕は「もう終わりだ。早く帰りたい…。」と思っていました。

何度も何度も聞いてくるので、理不尽ですが僕は少しムカついてきました。

なので逆質問の時に色々と聞いてみました。そこで分かったのが、その面接官、就職の際に全く別の業界も受けてたそうなんです。で、その理由を聞いてみたら「なんか面白そうだったから」だということです。

そんな面接官に「この会社じゃないといけない理由」を問いただされていたわけです。

怒りを通り越して悲しくなりました。もちろん落とされました。笑

スポンサーリンク

ボコボコ②「大手食品会社」

ここはかなり有名な食品会社です。知らない人はいないと思います。研究職のインターンに参加したことがきっかけで、本選考に進むことになりました。

僕は最終的に文系就職したんですが「研究職も一応見ておこう」と思ってこのインターンに参加しました。メンバーに恵まれたこともあって、思っていたより楽しく過ごすことができました。

ただ、働いている人たちはあまり楽しそうじゃなかったです(笑)挨拶も元気ないし、あまり生気がない人が多かったです…。

それを見てやっぱり研究職は無しだな、と思ってたんですが「インターン参加者には早期選考がある」という知らせがありました。

ぷっか
ぷっか

早期選考なら受かりやすそうだし、受けるかー!

こんな軽い気持ちで本選考を受けることにしました。すると、まずは簡単なESと適性検査を受けて欲しいという連絡がありました。

この次は筆記試験を受けるために東京に行くことになっており、筆記試験では交通費も出るそうです。ということで、ウキウキしながらESを書き終えました。

続いては適性検査です。簡単な性格検査に答えていき、何事もなく終了しました。

数日後、いよいよ結果発表です。

流石に受かってるだろーと軽い気持ちでメールを開くと「貴意に添えない結果となったことを…」

独り言で「なんでやねん…」と言ってしまいました。ESの設問は3つぐらいだったので、多分性格が合わなかったのだと思います…。筆記試験に行く気マンマンだったので、ちょっとイラつくとともに、落ち込みました。笑

スポンサーリンク

ボコボコ③「大手エネルギー会社」

最後は、かなり有名なエネルギー系の会社です。こちらもインターンに参加したことがきっかけです。

正直インターンの内容がひどすぎたので、「ここは受けなくていいや」と思った会社です…。

段取りも悪いし、社員のやる気も感じられない。適当にとりあえずインターンやってるのかな、と感じてしまうようなインターンでした…。

しかし「早期選考」という言葉に弱かった僕。飛びつくように応募してしまいました。

インターンへの参加者はグループディスカッションが免除され、まずは1次面接。なんと遅刻してしまいました…。

ただ、電話して遅刻する旨をしっかり伝えました。そして、「めちゃくちゃ急ぎました…」と言わんばかりの顔で面接に挑みました。

特に詰まることもなくスムーズに面接を終えることが出来、結果は見事通過です。そして、次が最終面接です。

既に内定を持っており面接にも慣れていたので、軽い気持ちで面接に向かいました。

どんどん質問に答えていったんですが、準備していなかったある質問によって僕は追い詰められました。その時の流れはこんな感じでした。

面接官
面接官

うちのどこに魅力を感じたの?

ぷっか
ぷっか

人に魅力を感じました。

面接官
面接官

インターンに参加したと思うけど
そこで会った社員はどんな感じだった?

実は僕、インターンの途中で用事があると言って帰ったんです。なので座談会には出ていないですし、社員とはほとんど喋っていません。

そのため、この質問に対してこう答えてしまいました。

ぷっか
ぷっか

実は途中で帰ったので、社員の方との座談会に参加していません…。

急に正直なことを言ってしまいました…。あの時の面接官の失笑は忘れません。

そこから少しやり取りしましたが、その内容はほとんど覚えていません。もちろん落とされました。笑

「本気で行きたい」と思ってない会社の面接は嘘をつきまくることになるので、かなり落ちやすい気がします。

まとめ:行く気がない会社を受けるとボコボコに

今回は、僕が実際に就活の中でボコボコにされた時のことをまとめてみました。ここで話してきた会社は全て、全く行く気のなかった会社です。

行く気がない会社だと志望理由を考えるのが大変ですし、僕のように墓穴を掘る可能性も高いです。

興味ない会社に対して、その会社じゃないといけない理由なんてあるわけないですよね?普通は考えるのにかなり労力が必要になります。

なので僕のようになりたくなければ、練習で受けるとしてもある程度興味のある企業を受けることをオススメします!

経験としてあえて受けるのもいいかもしれませんが、やはり落とされるとヘコんでしまうので、あまりお勧めはしません。

あと性格で落とされることは結構あるので、落とされても落ち込まないでくださいね。僕も性格でかなり落とされたので。泣

まだ「内定」をもらえていない就活生へ

こんな就活生、結構いるんじゃ無いでしょうか?

  • 「学生時代に頑張ってきた事が特にない…」
  • 「やる事が多すぎて就活に時間が割けない…」
  • 「就活を始めるのが遅すぎた…」

正直、僕も学生時代はこれに当てはまっていました。理系の大学院生だったので研究に追われ、学生時代に頑張ったことも特になしです。

しかし、結果的に総合商社を含む7つの会社から内定をいただく事ができました。その理由は「質の高い就活サービス」をうまく活用したからです。

ここではまだ「内定」をもらえていない就活生のために、質の高い就活サービスを厳選して5つまとめました。

ぷっか
ぷっか

ぜひ、上手く活用して内定をGETしてください!

①内定者の体験記が見れる「unistyle」

出典:unistyle

unistyle」は、質の高い選考情報が豊富な就活サービスです。内定者からの詳しい選考情報やアドバイスが掲載されているので、活用しない手はありません。

掲載されているESの数は5万を超えており、情報は常に最新のものに更新されています。僕自身、就活中にかなりお世話になりました。

また、unistyleは「選考体験記」を買い取ってくれるところもオススメポイントです。内定の確率を高めながら、お金も稼げる一石二鳥のサービスです。

②Amazonギフトをゲット「ONE CAREER」

出典:ONE CAREER

ONE CAREER」も、unistyleと同じく質の高い選考情報がウリの就活サービスです。

たまにですが、unityleに選考情報が掲載されていない企業があります。そんな時は、ONE CAREERの活用をオススメします。

ONE CAREERも体験記の買取を行ってるので、内定者による体験記の質は非常に高いです。内定率UPに大きく貢献してくれます。

今なら以下のURLから登録するだけで、500円分のAmazonギフトがもらえます!(学生証ではなく、大学のメールアドレスでの登録が必要です)

③テストを攻略「Webテストの解答集」

対策が意外と大変なのが「Webテスト」です。テストセンターやWebテストにはかなりの種類があるため、全部対策していたらとても時間が足りません。

時間がない人やテストに自信が無い人は、Webテスト解答集の利用をオススメします。入手方法は大きく分けて以下の3つです。

  • ネット経由で購入する
  • 先輩から引き継がれている解答集を使う
  • 友人にもらう

このようにいくつかの種類がありますが、引き継がれたものは新しいテストに対応していないことがあるので、個人的にはネットで購入するのをオススメします。

以下のnoteで、オススメのWebテスト解答集を紹介しています。総合商社や外資系企業に内定をもらった友人と作成・更新しています。ぜひ活用してみてください!

【2022・2023卒】Webテスト・SPIの解答集|ぷっか@就活・FIRE・投資|note
※解答集は、一定数販売後に値上げ(2500円程度)を予定しています。購入予定の方はお急ぎ下さい。 就職活動の中で、誰もが受けるであろうWebテストやテストセンター。 実は、旧帝国大学出身の人でも勉強不足で落ちる人が多いです。甘く見ていると足元を掬われます。そのため、しっかり対策する必要があります。 しかし、We...

④選考STEPを短縮「OfferBox」

出典:OfferBox

OfferBox」は企業側からオファーをもらう事ができるサービスです。登録企業には、以下の通り有名な会社が並んでいます。

出典:OfferBox

逆求人サイトには結構種類がありますが、「OfferBox」はその中でもスカウトの質が高いです。このサイトに登録しておくだけで、たくさんの企業からオファーがもらえます。

その多くが、ES免除やインターンの招待など、選考STEPを免除したものです。大手企業からもしっかりスカウトが来る(僕は年収1,000万の企業に内定をもらいました)ので、まだ内定が無い就活生はぜひ登録しておきましょう。

OfferBoxは自己分析ツール『Analyze U+』の質が高いので、これを使って効率よく自己分析するのもオススメです!

⑤楽に内定をゲット「dodaキャンパス」

出典:dodaキャンパス

dodaキャンパス」も質の高い逆求人サイトです。OfferBoxだけじゃ物足りないという人は、こちらにも登録しておくことをオススメします。

dodaキャンパスは「ベネッセ」が運営している逆求人サイトです。OfferBoxと同様に、選考を免除したスカウトが多く届きます。

就活のプロがESを添削してくれるキャリアサポートも充実しているので、誰か相談役が欲しい人は登録しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従