【字幕なしで映画はムリ】TOEIC900は大したこと無かった

ぷっか
ぷっか

こんにちは、ぷっかです。

皆さんTOEIC900って、どういうイメージがありますか?

僕のスコアは一応920(リスニング:470、リーディング:450)です。ですが取ってみて分かりましたが、全然大したことないです。

以前想像していたTOEIC900と、とても離れていたというのが現実です。

今回は、TOEIC900の実体を皆さんにお伝えします。

スポンサーリンク

TOEIC900の実体は大したことない

僕は今スコアが920なんですが、初めて受けた時は600点台でした。

英語が得意な理系って、自分では思い込んでたんですが…。全くそんなことなかったです。

そんな600点台だった当時の僕は、900点まで行った頃には「映画を字幕なしで観れるんだろうなー」「英語ペラペラになってるんだろうなー」そう思ってました。

では、900になった今どうなったのか?正直にお話しします!(あくまでも僕の場合ですが!)

↓英語力を楽しく上げたい方はこちらの記事をどうぞ

スポンサーリンク

TOEIC 900のリアル①「字幕なしで映画は無理」

残念ながら、字幕なしは無理です。泣

理由は以下の通りです。

  • 喋るの早すぎ
  • 知らない単語多すぎ
  • スラング使いすぎ
  • 人によってクセありすぎ

単語の意味は類推できるとか言いますけど、知らない単語多すぎて類推どころじゃ無いです。笑

あと早すぎて類推する時間もありません。

なので未だに英語字幕をつけて観てます…。

練習すればいつかはいけると信じて、子供向けのアニメ映画を字幕なしで観てます。笑

*英語字幕で観るならNetflixかDisney Deluxeがオススメ。Amazonには英語字幕がありません。詳しくはこちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

TOEIC 900のリアル②「英語ペラペラにならない」

全然英語ペラペラになりませんでした。泣

流石に日常会話程度ならなんとかなりますが、話してても「なんて言えば…」という状況はよくあります。

「ちょっと待って」と言ってGoogle先生に頼むことが多いです。笑

ですがこれは当然のことです。一般のTOEICにSpeakingテストはありません。

喋る能力を上げたいなら、やっぱり普段から喋るしかありません。

逆にTOEICのスコアはそこまで無いけど英語は結構話せる、って人もいると思います。TOEICはコツや慣れもあります。

TOEIC 900のリアル③「一部の国の英語は理解不能」

僕は、未だに一部の国の英語は理解できません…。

これは「映画を字幕無しで観れない」ってとこと共通したとこがあります。

確かにリスニング能力はだいぶ上がりました。

でも、日本に方言があるように、同じ英語でも地域によって発音やイントネーションが違うんです。

日本人の英語がカタカナ英語になってしまうように、国によってのクセもあります。

ぷっか
ぷっか

僕はインドの英語やオーストラリアの英語が苦手です…。

何回聞いても分からなかったことがあります。threeを「トゥリー」と言われた時でした…。

やはり実用を考えると、様々な英語を聞く必要があります。

あと、勝手なイメージですけどロシア人の英語は早い気がします。

TOEIC 900のリアル④「英語の文章は書けない」

TOEICの試験にはライティングもありません。

つまり、TOEICの練習をいくらしても、ライティング能力が上昇することはほぼないです。

僕も読むことは割とできますが、全然英語で文章を書けません。

学生の頃は研究計画を英語で書くことがよくあったんですが、かなり修正されました。笑

英語でチャットとかするしか無いですね。もちろん添削してもらうことは必要ですが…。

まとめ:スコアで満足しないように

以上、これらは僕の経験ではありますが、概ねTOEICで900点はこれぐらいのレベルだと思います。

ネイティブには遠く及びません。

ですが、もちろん僕自身英語力が上がったことは実感しています。

単純にTOEICで900をとるよりも、洋画を字幕なしで見る方が難しいということです。

大学2年の頃は「What is your favorite movie?」にも文章で答えられませんでしたから。笑

リスニングも大分理解できるようになりましたし、読むスピードも上がったので、TOEICを解く上で塗り絵はしなくなりました。

なので、この記事を読んで落ち込んだりせず、スコアを上げられるように頑張りましょう。

確実に英語力はつきます!

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従