夏休みが暇すぎる!大学生にオススメの過ごし方5選

大学生活
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

今回は暇な大学生の夏休みをどうすればいいか
その疑問に答えたいと思います!

僕も6回夏休みを経験していますが
「今思えばこれをやっておけば良かったなー」
と思うことが多々あります。

ということで今回は
大学生の長い夏休みを有効に使う方法を
実体験も交えて紹介します!

ぜひ実際にやってみて
有意義な夏休みを過ごしてください。

スポンサーリンク

暇な大学生にオススメ①「英語力を高める」

とりあえず時間があるなら
英語力を高めるのがオススメ。

得られるメリットはたくさんあります。

  • 就活で有利になる
  • 多くの人とコミュニケーションが取れる
  • 働く場所の選択肢が増える
  • 得られる情報量が何十倍にもなる

僕が就活をした感じだと、
日系企業の場合TOEICで900点以上あると
大体の企業で評価されました。

目標が欲しい人はそれぐらいを目指して
勉強するのがいいと思います。

ただ、勉強ってやっぱりしんどい…。
と思う人も多いかもしれません
そんな方はこちらの記事を参考にどうぞ。

ここには書きませんでしたが夏休みを
有意義に使うために短期留学もおすすめです。

現地に行って、無理矢理英語しか
話せない状況に置くのが一番最強!
日本人とばっかつるんでたらダメですが…。

スポンサーリンク

暇な大学生にオススメ②「海外旅行に行く」

これは、固定観念を壊すのに最適。
自分にとっての当たり前が通じなかったり
意味不明な当たり前を感じたり。

新しい考え方が出てきたり、当たり前に
疑問を持つようになったりとても面白いです。
違う国の文化に触れるのは大切です。

僕の初めての海外はカナダでしたが
人も街も食事も全てが新鮮で
色んな国に行きたいと思う良い機会でした。

大学生はお金が無いと思うので
東南アジアに行くのがベターです!

ベトナムやタイなど、物価も安く
文化も大きく異なるので楽しいですよ。

アジアに行く金もない、と言う方は
こちらの記事を読んで節約しましょう!

暇な大学生にオススメ③「長期インターン」

これは、お金を稼ぎながら
自分の働く能力を高めるのに最適な方法。

出来ればマーケティングや営業を
実際に学べる場所がいいです。

就活にも確実に役立ちます。
僕はしなかったことを後悔してます…。

もしかしたら、楽なアルバイトでいいじゃん
って人もいるかもしれません。

ですが楽をし過ぎると
後々自分に何も身についていないことに気づき
絶望するので気をつけましょう(昔の僕)。

暇な大学生にオススメ④「本・映画・ドラマ」

これは、見識を深めるという意味で
オススメします。

自分と違う人の考え方に触れたり
見たことのない作品に触れることで
アイデアの引き出しを増やしておくことは
今後の人生で役に立ちます。(きっと)

人との会話のタネとしても効果抜群です。
多くの作品に精通してると
人との会話も楽しくなります。

ストリーミングサービスはたくさんあるので
好みで利用してください。詳しくはコチラ。

僕みたいな貧乏学生には最高です。
元を取るために日夜見まくってます。

暇な大学生にオススメ⑤「副業にトライ」

これは生きる力を身につけるためにオススメ。
学生のうちにこの力を身につけるのは大切なこと!

大企業も安泰じゃ無いと言われる中
リストラされても自分で稼げる力を
今のうちにつけておくと後々楽です。

お金の大切さも学べますし
なんでも良いのでやってみましょう。

僕は学生起業のような形で
フードカーを出店したことがあります。
普通に失敗しました、辛かったです。笑

でも学生のうちから
その大変さを学べたことは財産だと思ってます。

(副業として店を出すのはオススメしません。)

  • せどり
  • アフィリエイトブログ
  • YouTuber
  • プログラミング
  • Webデザイナー
  • 動画編集

取り掛かるなら
こういったものがいいと思います。

初期投資も少ないし
プログラミングやWebデザイナーは
根詰めればかなりの武器になります。

まとめ:暇な大学の夏休みは有効利用すべし

僕は大学院卒なので6回も夏休みを経験しました。
1年生や2年生の頃は帰省して、家でゴロゴロ
たまに飲み会という日々でした。

でも残ったのは酒に強い肝臓ぐらい…。
真面目に将来を考え出して
3年生になってからは色々挑戦してみました。

そこから4年ほど
スゴく充実感のある大学生活を
歩むことができました

1,2年生の頃からやっておけば…
とかなり後悔しています。
(たまにはぐうたら生活も必要ですが。笑)

皆さんは後悔しないよう
いろんな経験をして、いろんなことを学んで
充実した大学生活を歩んでください。

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従