【家賃込み60,000円】一人暮らし貧乏大学生の節約法11選

大学生活
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

僕もそうだったんですが
お金がない大学生、多いですよね。

仕送りも無く、大学が忙しくて
バイトする時間もあまり無い…。
結果、夏休みに旅行したくてもお金が無い…。

今回は様々な面で節約して
お金を貯めたい大学生向けの記事です。

ぜひ実践可能なものにトライしてみてください。

「これは無理」と思う節約はしない様に!
心を貧乏にしない範囲での節約が大切です。

スポンサーリンク

貧乏大学生の節約法を紹介

タキ
タキ

僕は家賃込み大体60,000〜70,000円で
毎月生活してました。

長期休みは旅行でかなり使いますが
普段はこれぐらいを保ってます。
ここには食費や友達との交際費も入ってます。

仕送りが無かったので、どうしたものか…
と試行錯誤してたらこうなりました。

せっかくなのでその方法を
シェアしたいと思います。

スポンサーリンク

貧乏大学生の節約①「安いという理由で買わない」

ものを買うとき「安いから」
という理由で買わないようにする。

これはどんな買い物にも応用できる大事な考え。
僕は「セールになっていたから」とか
「すごく安いな」という理由でものを買いません。

「本当に必要かどうか」
これを考えて買い物をします。
必要だと思ったらすぐに買います。

安かったとしてもお金を使うことに
代わりはないので、本当に必要かを
しっかり考え得る癖をつけるといいです。

貧乏大学生の節約②「コンビニは金持ち用と認識」

学生でコンビニを使う人、かなり多いと思います。
でもコンビニって普通に高いです。

スーパーで買えば大体6〜7割ぐらいの値段で
つまり30〜40%引きで買うことができます。
ということでコンビニはお金持ち用です。

結構「ここを節約したら、金が浮いた!」
って人は多いはず。ただ、たまには金持ち気分で
コンビニ行くのもいいと思います。笑

貧乏大学生の節約③「無駄な飲み会に行かない」

飲み会好きな大学生多いですよね。
僕も昔は結構行ってました。
今でも仲良い人との飲み会は行きます。

でも仲良くなるための飲み会は
あまり行かないようにしてます

「そこで仲良くなっても次の日よそよそしい…。」
こんな経験した人もいるのでは?
そういう飲み会でも3,000円ぐらいかかります。

これ減らすだけで大きな節約になります。

全ての飲み会を断れというわけではないです!
何でもかんでも行きます、ではなくて
よく考えるべきということです。

貧乏大学生の節約④「映画は基本VODで」

お金が無いと遊べないですよね。
何をするにもお金はいります。
公園とかはタダですが遊びは限られます。笑

僕のオススメはVODを活用して映画を観ること。
VODはビデオ配信サービスのことです。
AmazonプライムやNetflixがそれに当たります!

映画が見放題なのはいいですね。
人と話すときの話題にもなりますし
暇つぶしにもなります。

どのサービスがオススメなのかは
こちらの記事で詳しく解説しています!

貧乏大学生の節約⑤「フリマアプリを活用」

フリマアプリは
「送料込み」なのに安いものが多いです。

それは、ほとんどの人が
儲けるために出品しているわけではないから
いらないものの整理という人が多いです。

僕は欲しいと思った本や靴はメルカリで買います。
安いし、状態も確認できますし、サイズがわかれば
失敗することもほとんどありません。

また、外に出なくて済むので
他の誘惑に負ける心配もありません。
売る側に回ってお金を生み出すのもGOOD!

貧乏大学生の節約⑥「大学の図書館を使う」

大学生なら通ってる大学に図書館があると思います。
テスト勉強にしか使わない学生が多いですが
もっと活用することをオススメします!

本好きでも無い限り、何回も何回も読む本って
そんなに無いと思います。引っ越しの時とかに
結局捨てるなら、借りた方が絶対いいです。

欲しい本がない場合図書リクエストができます。
僕はこれで読みたい本を注文して読んでました。
多分やってる人はあんまりいません。

せっかくあるから使うべきです!
もちろん公共の図書館も有効活用しましょう。

貧乏大学生の節約⑦「キャッシュレスで生活」

僕は基本的に現金を使いません。
20才ぐらいからこの生活を続けてます。
理由は大きく3つです。

  • ポイントがつくから(僕の場合はマイル)
  • とにかく楽だから
  • 家計簿が自動でつけられるから

基本的にクレジットカードは使えば使うほど
ポイントが貯まります。僕の場合は
全てJALのマイルに変えてます。

この前は貯めたマイルを使って
ビジネスクラスを堪能してきました。

キャッシュレスにしていれば
これぐらいの恩恵を受けることもできます。

また、おサイフケータイやApple Payなら
財布を出さなくても買い物できるので
小銭を探す必要がありません。

さらに、家計簿アプリと連携させて
全ての支払いをキャッシュレスで行えば
自動で家計簿も作ってくれます。

国としてもキャッシュレスを押し出しているので
ぜひ早めに移行しましょう!

貧乏大学生の節約⑧「JALカードnaviで旅行」

これは旅行好きの学生は必携です。
貯めたマイルを航空券に変える時のレートが
めちゃくちゃよくなります。

学生はお得に航空券を手に入れられる
ということです。詳しくはこちらをどうぞ。

ちなみに僕は旅行大好きなんですが
大学に入ってから9割JALに乗ってます。
貧乏でもこういうことができます。

貧乏大学生の節約法⑩「大学の寮に住む」

まず減らすべきは固定費。
というわけで僕は大学寮に住んでいます。

家賃は約4,000円。水道代や電気代など
全部込み込みで毎月約12,000円。

寮は人との関わりが…と思うかもしれないですが
そこは自分次第で全然変えられます。
僕は寮生の人と関わりがほぼありません。

一個不満なのは共有スペースが汚いこと。笑
もう慣れましたがたまに冷静になります。
詳しくはこちらの記事に書きました。

ただ、仙台は平均家賃50,000円なので
この固定費削減はとても大きかったです。

本当にお金に困っている人は
寮に住むことをオススメします。

貧乏大学生の節約法11「格安SIMを利用」

固定費削減、第2弾。
大学生にとって家賃の次に高いのは
大体通信量だと思います。(車ある人もいる?)

通信料が高い人はおそらく
大手キャリアを使っていると思います。

Docomo、au、softbankのどれか。

そういう人は格安SIMに移行しましょう。
LINEモバイルとか楽天モバイルとか。
高くても月3,000円ぐらいで済みます。

「なんか怪しい」って人、いますよね?
でも安心してください。
格安SIMのキャリアが使っている通信設備は
大手キャリアのものです。

格安SIMに変えるだけで
5,000円ぐらい毎月の支出が減ります。
大学生にとっての5,000円はでかい…。

まとめ:節約は効果が大きいものから

節約を始める場合、まずは大きな効果が
あるものからにしましょう。

家賃や格安SIMは変える手間を惜しめば
あとは勝手に支出が減ります!

そういった節約を実践すると
ストレス無く節約ができます。
やれるものからトライしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従