【OfferBoxの評判は?】OfferBoxで内定した僕の感想

ぷっか
ぷっか

こんにちは、ぷっかです。

総合商社・大手食品会社・デベロッパーなど7社から内定を頂きました。

当サイトでは、その中での学びやノウハウをまとめています。

僕は理系の大学院出身なんですが、結果的に内定を7つもらい、文系就職をしました。

様々な就活サービスを利用したんですが、その中にこの「OfferBox」もありました。OfferBox経由で内定を頂いた会社もあります。

ということで今回は、OfferBoxの使い方と使ってみた感想をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

OfferBox?逆求人サイト?

OfferBoxとはいわゆる「逆求人サイト」です。

もちろん無料のサービスで、ホームページには次のように説明されています。

OfferBoxは、企業が興味を持った学生にオファーする就活サイトです。

https://offerbox.jp/

つまり、学生が応募するのではなく企業側からオファーを送ってくるサービスです。

プロフィールを更新しておけば、それを見た企業が「オファー」してくれます。

こういったサイトを「逆求人サイト」と言います。

スポンサーリンク

OfferBoxでスカウトは来る?

結論から言うとOfferBoxでオファーは来ます。

実際に僕は30件近くオファーが来ました。しかも内定をもらった会社もあります。

逆求人サイトって結構あるんですが、僕はOfferBoxがお気に入りでした。

どんな会社からオファーが来る?

実際にオファーが来ると言っても、どんな会社から来るのかが気になりますよね。

登録会社には、資生堂、Microsoft、日産など有名な会社が結構ありますが、実際僕に来たのはこんな感じです。

  • 新興ベンチャー
  • 割と有名なメガベンチャー
  • 誰でも知ってる有名企業
  • 知名度は低いが平均年収約1,000万の企業
  • IT企業いくつか

ベンチャーから大手まで、幅広くオファーが来ました。

OfferBoxのサイト内にも、様々な規模の会社が登録されていることがグラフで示されています。

これを見るとやはりIT企業が多いようですね。

引用元:OfferBox

どんな内容のオファーが来る?

オファーが来ると言っても一体どんな内容なのか、気になりますよね。

これもかなり様々でした。

  • インターンの参加(選考無し)
  • 説明会の参加(優遇あり・無し)
  • 選考への参加(優遇あり・無し)
  • 面談・座談会への参加

このように、インターンシップの参加から本選考の参加まで色々ありました。

他の逆求人サイトも同じですが、OfferBoxは他のサービスと比べて優遇ありの説明会の参加、選考への参加が多かった印象です。(優遇=一次選考免除やES免除など)

様々な企業がむやみやたらにオファーを送ってくるサービスもありますが、OfferBoxは質の高いオファーが多かったです。

また、逆求人サイトで来るインターンってどうなの?って思う人がいるかもしれません。

個人的にはとてもオススメします。オファーで集められた学生は、一味違った面白い学生が多い傾向にあります。

とても刺激になるので、オファーが来たら参加しておきたいところです。

スポンサーリンク

OfferBoxでオファーを増やすために

いざ登録してもオファーが来なかったら使っている意味がありません。

ということで、オファーの増やし方も紹介します。

OfferBoxでは、ただ登録しているだけでは、なかなか会社からオファーは来ません。様々な方法で会社にアピールしていくべきです。

プロフィールの入力率を上げる

OfferBoxには「プロフィールの入力率」というものがあります。

出典:OfferBox

ここに記載されているように、まずは入力率をあげましょう。もちろん入力率は100%がベストです。

ですが闇雲に書いていてはダメです。読む相手のことをしっかり考えて、自分をアピールしていきましょう。

志望業界に必要な能力やこの学生面白いな、と思わせるエピソードをアピールするのが吉です。個性を出して目立ちましょう。

毎日ログインする

OfferBoxの上位表示は「入力率の高さ」と「ログイン日」を合わせて行われます。

「入力率の高さ」×「直近のログイン日」で上位表示されるため、より企業担当者の目につきやすくなります

https://offerbox.jp/columns/howto/6535.html

なので、オファーが欲しければ毎日ログインするようにしましょう!

「会いたい通知」を送る

OfferBoxでは自分のページを見てくれた会社や、興味を持ってくれた会社に「会いたい通知」を送ることができます。

僕も「会いたい通知」を送ったらすぐにオファーが届いたことがあります。積極的に使っていきましょう。

写真を登録する

写真を設定することで一目で相手に印象を与えられます。

スーツを着た証明写真ではなく、自分らしさが溢れた写真を使うと良いです。

僕も留学に行った時の写真を使ってました。

希望条件をしっかり設定する

曖昧な希望条件にしているよりも、しっかり希望条件を設定している学生の方が企業はオファーを送りやすいです。

これには大きな効果があることが、公式HPにも記載されています。

希望条件を更新していた学生の方が更新していなかった学生に比べて【約10倍】も希望企業から内定が出ています!

https://offerbox.jp/columns/howto/6535.html

OfferBoxを使うメリット

使ってみて良かったことは以下の通りです。

  • 知らなかった優良企業に出会える
  • オファーをもらうことで自信が湧く
  • 選考無しで質の高いインターンに参加できる
  • 質の高いオファーが多かった

まず、「知らなかった優良企業に会える」ことです。

OfferBoxを使っていなかったら、おそらく知る事は無かったであろう会社を知ることができました。結果的に僕はその業界でいくつか会社を受けたので、やっといて良かったなーと思ってます。

また、「オファーをもらうことで自信がつく」こともメリットです。

就活は自信を持つのが大事です。自信過剰も良くないですが、自信を持って生き生きとした表情の学生が受かりやすいのは間違いないです。OfferBoxはその助けになってくれました。

続いて「質の高いインターンに参加できる」ということです。

交通費・宿泊費支給で選考も無く参加したインターンでしたが、周りの学生が優秀で、内容も充実したものでした。こういったインターンに参加できたのはとても良い経験です。

最後に「質の高いオファーが多い」ということです。

他の逆求人サイトよりも条件の良いオファーが豊富でした。なんでもOfferBoxでは、企業が一斉送信できないそうです。一人ずつに送るのでオファーの内容も濃くなっています。

OfferBoxを使うデメリット

OfferBoxは無料のサービスなので、基本的に登録するデメリットはありません。

ですが、やはり使っていて「うーん…」と思ってしまうようなこともありました。

ただこれは、OfferBoxの悪い点というよりも逆求人サイトの悪い点ですね。正直あまり気にしなくて良いと思います。

  • 興味が持てない会社も多い
  • 内定がもらえるわけではない

まず「興味持てない会社からスカウトが来る」ことです。

全く興味が持てない会社からもオファーはきます。「せっかくオファー来たけど、全然行きたくない」って事はよくあります。

また「内定が必ずもらえるわけではありません」

オファーが来たから内定、というわけではありません。多少優遇はありますが、選考を突破する必要はあります。オファーが来ただけで安心しないようにしましょう!

まとめ:OfferBoxはオススメ

OfferBoxについて紹介してきました。

総合的にはとてもオススメできるサービスです。

早めに登録して、多くのスカウトをゲットしましょう。そして就活を有利に進めましょう。

まだ「内定」をもらえていない就活生へ

こんな就活生、結構いるんじゃ無いでしょうか?

  • 「学生時代に頑張ってきた事が特にない…」
  • 「やる事が多すぎて就活に時間が割けない…」
  • 「就活を始めるのが遅すぎた…」

正直、僕も学生時代はこれに当てはまっていました。理系の大学院生だったので研究に追われ、学生時代に頑張ったことも特になしです。

しかし、結果的に総合商社を含む7つの会社から内定をいただく事ができました。その理由は「質の高い就活サービス」をうまく活用したからです。

ここではまだ「内定」をもらえていない就活生のために、質の高い就活サービスを厳選して5つまとめました。

ぷっか
ぷっか

ぜひ、上手く活用して内定をGETしてください!

①内定者の体験記が見れる「unistyle」

出典:unistyle

unistyle」は、質の高い選考情報が豊富な就活サービスです。内定者からの詳しい選考情報やアドバイスが掲載されているので、活用しない手はありません。

掲載されているESの数は5万を超えており、情報は常に最新のものに更新されています。僕自身、就活中にかなりお世話になりました。

また、unistyleは「選考体験記」を買い取ってくれるところもオススメポイントです。内定の確率を高めながら、お金も稼げる一石二鳥のサービスです。

②Amazonギフトをゲット「ONE CAREER」

出典:ONE CAREER

ONE CAREER」も、unistyleと同じく質の高い選考情報がウリの就活サービスです。

たまにですが、unityleに選考情報が掲載されていない企業があります。そんな時は、ONE CAREERの活用をオススメします。

ONE CAREERも体験記の買取を行ってるので、内定者による体験記の質は非常に高いです。内定率UPに大きく貢献してくれます。

今なら以下のURLから登録するだけで、500円分のAmazonギフトがもらえます!(学生証ではなく、大学のメールアドレスでの登録が必要です)

③テストを攻略「Webテストの解答集」

対策が意外と大変なのが「Webテスト」です。テストセンターやWebテストにはかなりの種類があるため、全部対策していたらとても時間が足りません。

時間がない人やテストに自信が無い人は、Webテスト解答集の利用をオススメします。入手方法は大きく分けて以下の3つです。

  • ネット経由で購入する
  • 先輩から引き継がれている解答集を使う
  • 友人にもらう

このようにいくつかの種類がありますが、引き継がれたものは新しいテストに対応していないことがあるので、個人的にはネットで購入するのをオススメします。

以下のnoteで、オススメのWebテスト解答集を紹介しています。総合商社や外資系企業に内定をもらった友人と作成・更新しています。ぜひ活用してみてください!

【2022・2023卒】Webテスト・SPIの解答集|ぷっか@就活・FIRE・投資|note
※解答集は、一定数販売後に値上げ(2500円程度)を予定しています。購入予定の方はお急ぎ下さい。 就職活動の中で、誰もが受けるであろうWebテストやテストセンター。 実は、旧帝国大学出身の人でも勉強不足で落ちる人が多いです。甘く見ていると足元を掬われます。そのため、しっかり対策する必要があります。 しかし、We...

④選考STEPを短縮「OfferBox」

出典:OfferBox

OfferBox」は企業側からオファーをもらう事ができるサービスです。登録企業には、以下の通り有名な会社が並んでいます。

出典:OfferBox

逆求人サイトには結構種類がありますが、「OfferBox」はその中でもスカウトの質が高いです。このサイトに登録しておくだけで、たくさんの企業からオファーがもらえます。

その多くが、ES免除やインターンの招待など、選考STEPを免除したものです。大手企業からもしっかりスカウトが来る(僕は年収1,000万の企業に内定をもらいました)ので、まだ内定が無い就活生はぜひ登録しておきましょう。

OfferBoxは自己分析ツール『Analyze U+』の質が高いので、これを使って効率よく自己分析するのもオススメです!

⑤楽に内定をゲット「dodaキャンパス」

出典:dodaキャンパス

dodaキャンパス」も質の高い逆求人サイトです。OfferBoxだけじゃ物足りないという人は、こちらにも登録しておくことをオススメします。

dodaキャンパスは「ベネッセ」が運営している逆求人サイトです。OfferBoxと同様に、選考を免除したスカウトが多く届きます。

就活のプロがESを添削してくれるキャリアサポートも充実しているので、誰か相談役が欲しい人は登録しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従