逆求人サイト「キミスカ」と「iroots」を比較、どっちが良い?

就活ツール
タキ
タキ

こんにちは
元東北大学院生のタキです。

たくさんある逆求人サイトの中で
今回は「キミスカとirootsはどっちが良いか」
紹介していきます。

「キミスカ」も「iroots」
逆求人の中ではかなり有名ですが
結局どっちが良いのか?

気になっている人も多いと思います。
ということで実際に使ってみた僕が
2つのサービスを比較してみました

スポンサーリンク

「オファー数」キミスカ × iroots

まずは「オファーの数」に関してです。
結論から言うと以下の通り。

オファーの量が多いのは「キミスカ」
10ヶ月ほどの中で100件を超えるオファー

「iroots」は15件ほどでした。

オファーの量が多かったのは「キミスカ」でした。
両方とも10ヶ月ほど利用してみた結果です。

irootsを使っていて来たスカウトは約15件。
一方でキミスカでは100を超えるオファーが。

とにかくオファーの数が多いのが
キミスカの特徴です。正直驚きました。

irootsについて

なぜこれほど多くの差がつくのか…。
実はirootsの方では
人事が個別にメッセージを送っています。

一人ひとりに厳選したメッセージを送っているので
数はそこまで多くならないようです。
ですが質が高いオファーは多いでs。

irootsには履歴書に達成率があるのですが
それをしっかり記載していることが
スカウトの数アップに繋がります!

僕はここが中途半端だったので
もっとしっかりと記載すればirootsでも
多くのスカウトを得ることは可能です。

キミスカについて

一方でキミスカについてですが
キミスカには3種類のスカウトがあります。

  • プラチナスカウト(月に30件)
  • 本気スカウト(月に100件)
  • 気になるスカウト(何件でも)

キミスカでスカウトが多い理由は
「気になるスカウト」のせいです。

とにかく量は多いけど…、という感じですね。
何件でも送れるので、とりあえず送っている
というのが現状です。

スポンサーリンク

「オファーの質」キミスカ × iroots

続いて「オファーの質」についてです。
結論から言うとこんな感じ。

オファーの質が良いのは「iroots」
優遇のあるオファーが多数

「キミスカ」は単なるお知らせが多い。

オファーの質がよかったのは「iroots」でした。
ただ、質の良いオファーって何?と言う人のために
質の良いオファーがどういうものか、少し説明します。

企業側からくるオファーにはいくつか種類があります。

  • 説明会への誘い
  • 選考への誘い
  • 面談への誘い
  • インターンへの誘い

さらにこれらが
「優遇のあるもの・無いもの」に分かれます。
「優遇のあるスカウト=質の良いスカウト」です。

スカウトしてきたのに何の優遇もなく
普通に選考を受けるだけ、説明会に行くだけ
ということも結構あるので注意。

irootsについて

irootsのスカウトの多くには
何かしらの優遇が含まれていました。

  • 説明会+個人面談
  • 交通費、宿泊費支給のインターン
  • ES、1次面接免除の選考
  • 特別イベントの招待 など

個別に人事がメールを送るのでスカウトの数は
少ないですが、その分スカウトの質が高いのが
「iroots」の特徴と言えます。

直接のやりとりも簡単にできるので
連絡を取り合うのも簡単なのが特徴。

キミスカについて

一方でキミスカは
質の低いスカウトが多い傾向にあります。

先ほど「オファーの数」について話した通り
キミスカで来るスカウトのほとんどは
「気になるスカウト」です。

気になるスカウトの内容を見ると
いかにもテンプレート的な文章とともに
こんな感じの内容が並んでいます。

  • 説明会の案内
  • 本選考の案内
  • インターン選考の案内

特に優遇措置はありません。
しかし、キミスカでも質の良いオファー
をもらうことはできます。

キミスカで優遇のあるオファーをもらうには
最低でも本気スカウト・可能ならプラチナスカウトを
もらう必要があります。

本気スカウトは月に100件
プラチナスカウトは月に30件しか送れないため
内容も濃いものになっています。

プロフィールを充実させてプラチナスカウトを
沢山もらえれば質の高いオファーが増えます。

ということで「キミスカ」はオファーの数は
多いですが、質の低いスカウトが多いのが特徴。
ただ、質の高いスカウトも来ます。

「使いやすさ」キミスカ × iroots

続いて「サイトの使いやすさ」についてです。
結論はこちら。

サイトの使いやすさはほぼ同じ
個人的には「iroots」の方が良かったです。

これは人によって感じ方が違うと思います。
基本的にどちらも使いやすかったですが
個人的にはirootsの方が好きでした。

その理由は、irootsには
一部お気に入りの機能があったからです。

その機能は以下の2つ。
・シンクロリコメンド
・会いたい通知

「シンクロリコメンド」は性格診断の結果から
自分とフィット度の高い企業を
オススメしてくれる機能です。

自分に合った企業を選んでくれるため
非常にオススメ!

続いて「会いたい通知」です。
irootsでは自分が気になった会社に
「会いたい通知」を送ることができます。

シンクロリコメンドでオススメされた企業に
「会いたい通知」を送れば、高い確率で
スカウトをもらうことができます。

僕はこれを送った企業からスカウトが来て
実際に面談をしたことがあります。

これらの痒い所に手が届くような機能が
好きだったので、OfferBoxの方が
使いやすかったと感じます。

ですがキミスカが使いにくかった
というわけではありません!
正直使い勝手に大きな差はないです。

「適性検査」キミスカ × iroots

最後は「適性診断について」です。
結論はこんな感じ。

差はほとんど無いですが
キミスカでは「就活コンサルタント」

が利用できます。

この点についてはそこまで差が無いです。
どちらの適性検査も本格的で
正直差はほとんどないと言って良いでしょう。

どちらも無料にも関わらず設問数が多いので
精度の高い自己分析ができると評判です。

ただキミスカの方には「就活コンサルタント」
のサービスがあるので、これを利用すれば
より深い自己分析に繋がりそうです。

就職活動について様々な悩みがある方は
利用をオススメします。
もちろん無料で利用できます!

まとめ:個人的オススメはiroots

それぞれの特徴をまとめると
「キミスカ」はこんな感じです。

  • スカウトの量が多い
  • 質の低いスカウトが多い
  • 適性検査の精度が高い
  • 就活コンサルタントが利用できる

「iroots」はこんな感じ。

  • スカウトの量はそこまで多くない
  • 質の高いスカウトが多い
  • 適性検査の精度が高い
  • 会いたい通知を送ることができる

スカウトサービスを利用する目的の一つは
就活を有利に進めることだと思います。

当然ですが、優遇のあるオファーが多い方が
就活を有利に進められます。
そのため、個人的には「iroots」がオススメ。

しかし、登録に制限はありませんし
両方に登録しても問題はないです。

片方にしか登録していない企業もあるので
両方に登録しておくことをオススメします。

スカウトサービスを利用して
就活を有利に進めてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従